ふたりごと…

まちの建築設計室は夫婦で設計をしています。 そんな二人のふたりごと…。

2011年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ルーシー・リー展   m



去年から行きたくて楽しみにしていたルーシー・リー展

あまり乗り気ではないnさんを誘って。

予想通りnさん、まんざらでもない様子。

「どうだった?」

「よかった」

中之島でランチしながらガッツポーズ

そうでしょ、そうでしょうとも。

たまには、隣にいる人の声に耳を傾けよう。
スポンサーサイト

| 未分類 | 15:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一期一会 in京都   m

5才の娘は駅でイベントや展覧会のチラシをチェックするのがすきだ。

気に入ると家に持ち帰り、「これ、見たい」と見せにくる。

たいていの場合、「お母さんも見たい。一緒に行こう」となる。

110205-3.jpg

週末、親子で楽しみにしていた『COMES MART 寺田順三展』に京都まで行ってきました。

キャラクターの一人一人が細部までデザインされていて、娘以上に興奮して

見入ってしまいました。

かわいいグッズの数々、あれも欲しい、これも欲しい…気持ちを抑え、

お土産には、図録と娘が選んだ絵本を。


110205-2.jpg

久しぶりの京都。せっかくなので清水寺へ。

バスを待っている間、後ろに並んでいたおばさんと少し言葉を交わしたのをきっかけに

初対面とは思えない濃厚な会話の数々。

バスに乗ってる間も会話は続き、何も考えていない私たち親子に清水寺の観光ルートを

事細かにたててくれたのでした。(本当にありがとうございます)

二寧坂(二年坂)で転ぶと二年寝込み、産寧坂(三年坂)で転ぶと三年寝込む。

両方の坂で転ぶと五年寝込むから、転ばないようにと教えてもらい(←真剣に聞いていた娘)

清水寺の帰りは、素敵なお店がたくさん並んでいたにもかかわらず、転ばないように

坂を下りることに集中する変なところで妙に真面目な親子なのでした 

ねねの道を歩き、八坂神社でお参りし、祇園から河原町へ。

ずいぶん歩いた娘は、帰りの電車で大いびきをかいて爆睡   

娘と母のちょっとした小旅行でした。

| 家族のこと | 13:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

賓日館  n



二見にある「賓日館」
お世話になっている工務店さんの勉強会に連れて行ってもらいました。

皇族、各要人が宿泊するということで、その当時の技術や材が集結されています。

例えば、下の格子戸
020103.jpg 020104.jpg
不思議な細工。


020102.jpg

圧巻の大広間。
木造で、この大空間!と大工さんたちも驚いていました。


020106.jpg
障子に小鳥のデザインが。繊細ですねぇ。
2羽ほど少なくなっているらしい・・。

他にもいろいろなデザインの障子がありました。
しかし、それを補修できる職人さんがなかなかいないらしい。

020107.jpg
ここから、夫婦岩を眺められたらしい。
タタミにイギリスの家具。
座ってみた。
ミルクティがあれば最高。

その他、見所はいっぱいあり、おなかいっぱいになりました。
(見学の後、鳥羽で本当にお腹いっぱいご馳走になりました・・・牡蠣大きかった・・・。)

また、訪ねたいと思います。

| 未分類 | 07:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。